霧ヶ丘の家

三十年間にもおよぶ家族の思い出が詰め込まれたマンションの一住戸。東京で暮らす長男が婚約者を連れて帰省するとの話から今回のリノベーションは始まった。
まずやらなければならないことは思い出の整理であった。二度と見ることのない思い出いっぱいの段ボールの山を、次々と解体し自治体指定のビニル袋に詰め替えていく。
一ヶ月後、思い出たちは整理され我々はスタート地点に立った。最初はリノベーションに対して疑心暗鬼だった施主も、自宅が三十年前の姿に戻るとその価値を再認識し明るく積極的に想いを語ってくれた。
あらゆる条件の中ですべてを手に入れることは難しい。新しいものを手にいれるとき手放さなくてはならないものもある。その選択を間違えないように導くことも我々の役目なのである。我々にはその先の幸せが見えているから。

関連記事

  1. 鋼板の家

    共働きの夫婦とまだ幼いふたりの子供のための住宅である。現在はご主人の実家で生活をしているため、そ…

  2. パーティーハウス

    人を呼ぶことが大好きな夫婦とバレリーナを目指すその娘のための住宅である。とにかく無駄を嫌う夫…

  3. idocoro

    大阪市北浜に建つ築40年のオフィスビルをゲストハウスへとコンバージョンした。1階にはラウンジ…

  4. 数寄屋の家

    いままさに現役を退こうとしている70歳夫婦の数寄屋造りの住宅である。夫婦で三十年にわたっ…

PAGE TOP