パーティーハウス

人を呼ぶことが大好きな夫婦とバレリーナを目指すその娘のための住宅である。
とにかく無駄を嫌う夫婦と一週間のほとんどをバレエに費やす娘。しかし週末は一変し、自宅に友人たちを呼びよせバーベキューや飲み会が開催される。
限られた敷地の中で無駄をそぎおとし、目的別に部屋を構成しそれぞれ必要最低限の広さ確保することによって、その目的行為に集中でき時短を計るとともに、パーティー会場となるLDK、ピロティーやガレージを最大限確保した。
究極は娘のベッドルーム。幅1.2m奥行2.5m。通路とセミダブルのマットレスが入るギリギリの狭さまで追い込んだ。その空間が意外と人気をよんでいる。
極めつけは1階部分に配置したご主人の会社事務所。通勤時間0分、究極の時短である。

関連記事

  1. 鋼板の家

    共働きの夫婦とまだ幼いふたりの子供のための住宅である。現在はご主人の実家で生活をしているため、そ…

  2. idocoro

    大阪市北浜に建つ築40年のオフィスビルをゲストハウスへとコンバージョンした。1階にはラウンジ…

  3. 数寄屋の家

    いままさに現役を退こうとしている70歳夫婦の数寄屋造りの住宅である。夫婦で三十年にわたっ…

  4. 霧ヶ丘の家

    三十年間にもおよぶ家族の思い出が詰め込まれたマンションの一住戸。東京で暮らす長男が婚約者を連…

PAGE TOP